2018年5月13日日曜日

埼玉地場スーパー「ベルク」、快進撃続く理由

埼玉地場スーパー「ベルク」、快進撃続く理由


埼玉を地盤とする食品スーパーのベルク。1959年の創業以来、閉店したのはわずか2店舗だけだという(記者撮影)
コンビニエンスストアやドラッグストアとの競争激化や、人手不足に伴う人件費上昇といった逆風が吹き荒れる食品スーパー業界。この厳しい環境下で、埼玉県を中心に106店を展開するベルクが快走を続けている。


新宿・歌舞伎町にいる、たった一匹の野良猫「しろくろ」を追う


飲食店や風俗店がひしめき、明け方まで多くの人々でにぎわう新宿・歌舞伎町。その中を縫うようにして歩く、一匹の猫がいる。

続きは

カット料金「1万2000円」でも若い男子が殺到する美容院の秘密 「髪型」を売らないから集客できる


不況著しい美容業界で一人勝ちしている美容院がある。創業4年で原宿に5店舗を構え、4月末には大阪心斎橋に6店舗目をオープンした「オーシャントーキョー(OCEAN TOKYO)」だ。代表2人のカット料金は1万2000円。相場の約4倍にもかかわらず、全国から客が殺到する。しかも、メイン顧客は「消費に消極的」といわれている高校生、大学生と社会人1、2年目の若い男性。
なぜ、この美容院はそれだけの高価格でも、若者を惹きつけるのか?
『若手を動かせ』の著書もある、同店代表の中村トメ吉氏がその秘密を語る。

富士フイルム、買収混迷=ゼロックスと大株主、再び対立

 富士フイルムホールディングスによる米事務機器大手ゼロックスの買収計画が混迷の様相を強めている。
続きは

最新iPhoneが最大半額の「4年縛り」、公取委に続き野田総務大臣も問題視



野田聖子総務大臣は、4年契約を結ぶことで新型iPhoneなどが最大半額となる販売方式について「4年縛り」と呼び、解約しにくいなどのデメリットをユーザーに伝える必要がある、と語りました。この方法は、公正取引委員会も問題視し対策に乗り出す構えとされています。
続きは

GW直撃?「ガソリン価格」はどこまで上がるか


都内のガソリンスタンド。価格がジリジリ上昇している(写真は本文とは関係ありません)(記者撮影)
いよいよ始まった大型連休、ゴールデンウィーク(GW)。車で遠出する人も増え、ガソリンスタンドを利用する人も多くなる。

人種差別問題で叩かれるスタバ、8000店一時休業は「過剰反応」

米コーヒーチェーン大手のスターバックスが、人種差別問題に巻き込まれている。皮肉なことだ。称賛と批判のいずれも受けてきたものの、同社は人種問題について語り合うきっかけを提供しようとするキャンペーンを展開するなど、この問題の改善に積極的に取り組んできた。
続きは

消費税率17%以上に=同友会の小林代表幹事


経済同友会の小林喜光代表幹事は20日、宇都宮市内で記者会見し、国の財政健全化について「(消費税率を)最低でも17%程度に持っていかないと(社会保障支出を)賄えない」と述べ、2019年10月の税率10%への引き上げだけでは不十分との認識を示した。

続きは

スマホの4年縛りが問題化 携帯電話の「縛り」はいつからはじまった?

最近、スマホの契約で「4年縛り」が登場し始めており、公正取引委員会をはじめ「問題」とする認識が広まってきている。

現在のスマホの契約は、いわゆる「2年縛り」が主流だ。
それをさらに延長した「4年縛り」は、ユーザーにとって何がメリットで、何がデメリットとなるのだろうか。
続きは

スティーブ・ジョブズの履歴書、オークション結果は予想外の高額落札。しかも買い取った人は匿名!










Image: RR Auction

噂のオークション、やっぱり高額落札に。

メルカリが青少年向けに年齢入力機能、一部カテゴリーで

メルカリは、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で、酒類やエアガンなど一部のカテゴリーの商品を購入する際、年齢入力を必須とする機能を3月下旬に導入する。青少年の保護を目的としたもの。

漫画「ドラゴンボール」で超サイヤ人が金髪になった意外な理由

19日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)で、少年誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の11代目編集長・中野博之氏が、漫画「ドラゴンボール」に登場する超(スーパー)サイヤ人の髪が金色になった理由を明かした。

番組では、創刊50周年を迎える「週刊少年ジャンプ」を特集した。その中で、1984年に連載を開始した、漫画家・鳥山明氏が手掛ける「ドラゴンボール」の知られざるエピソードが明かされた。

キャンドゥのタッチペン、100円でいいのか心配になるレベル

スマートフォンやタブレットなどに使用する「タッチペン」。お値段もピンからキリまでありますが、意外と侮れないのが100円均一ショップの商品です。

まだ、ビジネスホテル? カンタンに高層マンションに泊まる方法がコチラ

年収1500万円稼ぐ起業女子ほど◯◯を手放している!

 少し前から「起業女子」「ママ起業」という言葉をよく耳にするようになりました。
 FacebookやブログなどSNSの大衆化により、何百・何千万円のお金をかけずとも、一個人で「起業」をすることができるようになった現代。テレビで「起業女子」という特集を組まれるほど一般的になりました。
 ただ、成功している人は、その中のごく一部と言っても過言ではありません。

東京の大都会に1度は泊まってみたい。けど2万円以上の出費はちょっとなぁ~と悩んではいませんか? これからは値段を気にして仕方なくビジネスホテルを選択する必要はありません。最高に安く、カンタンに泊まれる方法をご紹介します!

続きは 

ミニバンはデカすぎて嫌! そんなファミリーにおすすめの荷物も人も満足のコンパクトカー4選

1)スズキ・ソリオ

 まずはスズキ・ソリオ。じつはついにハイブリッドを得たソリオは以前のモデルから走りは文句なし。静かだし、乗り心地もハイレベル。操縦性にしても背高グルマとしてはしっかり安心。

2)トヨタ・タンク&ルーミー/ダイハツ・トール

 つぎは今、TVCMでも大々的にPRしている中身はほぼいっしょのトヨタ・タンク、ルーミー、ダイハツ・トール軍団。ダイハツが企画、開発、生産のすべてを担ったダイハツ・ブーン/トヨタ・パッソをベースにした、トヨタ全チャンネルにOEM供給する両側スライドドアを備えた”容量系”コンパクトカー。
 ダイハツの軽自動車、小型車開発のメリットを最大限に生かし、タントなどダイハツ軽で培ってきたパッケージング、スマアシと呼ばれる先進安全技術などを惜しみなく投入しているのが特徴だ。

3)ホンダ・シャトル

 このほかに後席ひざ回り空間250mm、ラゲッジ奥行き955mm、幅970~1500mm、天井高835mmのゆとりの後席居住空間とコンパクトステーションワゴンならではの使いやすさ抜群の大容量ラゲッジルームを備えたホンダ・シャトルもお薦め。

4)ダイハツ・ムーヴ キャンバス

 ちなみに軽自動車でもカッコ良ければOKというなら、タントとムーブの中間的パッケージのムーヴ キャンバスがいい。VWバスをほうふつさせるレトロな雰囲気だけでなく、室内空間は想像以上に広々。
続きは

「社会貢献におカネを出す」100社ランキング



日本を代表する企業・トヨタ自動車が1位に。写真は豊田章男社長(撮影:鈴木紳平)
続きは

コインチェック 来週めどに463億円補償

コインチェックは、流出した仮想通貨を預けていた顧客26万人に対し、来週中をめどに総額463億円を補償すると発表した。
続きは

コンビニコーヒーの[ひとり勝ち]、セブンのコーヒーは本当に凄いのか?

コンビニフードやファストファッションなど、さまざまなジャンルで圧倒的な人気を誇る商品がある。それらは、「売れているから」という理由で手に取りがちだが、果たして本当にすばらしい商品なのか? 専門家がその実力をジャッジ!

続きは

東京の都心マンション 赤坂や早稲田は賃貸で住むメリット大


 首都圏ではマンション価格が上昇を続け、局地バブルの様相となっている。もはや東京都心部に住むことは夢のまた夢と思われがちだが、「購入するには手が出ないバブルエリアも、賃貸ならお得に住める物件が見つかるケースが多い」と話すのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。

日本のビッグマックはタイより安い


今や日本のビッグマックの価格はタイや韓国、パキスタンよりも安い。なぜこんなことになっているのか(撮影:今井康一)
2月13日に日本マクドナルドホールディングスの2017年12月期の通期決算が発表されました。売上高は2536億円と前期比11.9%増、本業の儲けを示す営業利益は189億円となんと同2.7倍。当期純利益は過去最高の240億円となりました。また2018年は店舗数も実に10年ぶりに純増となる計画で、サラ・カサノバ社長の下で2015年から始まった「リカバリープラン」の成果が現れた決算となりました。

リーマン級の金融危機は近づいているのか



リーマンショックでは夢のマイホームの抵当流れが続出した(写真:ロイター/アフロ)
2月に入って米国発で株価が急落し、市場に不安心理が広がった。今年は2008年9月のリーマンショックから10年。過去に大きな金融危機がほぼ10年サイクルで起きていること、FRB(米国連邦準備制度理事会)の金融政策が長い緩和モードから抜け出し、中立、さらには引き締めに向かう転換期に来ていることから、投資家の中には2018年を警戒する心理もあった。

3月株主優待で個人投資家注目の5万円株はコレ!

3月の株主優待権利確定銘柄

3月権利確定の株主優待銘柄は、1年で最も多い787銘柄です。その787銘柄から、5万円以下の投資金額で株主優待が貰える銘柄は32銘柄です。その32銘柄から、個人投資家の注目度の高い順に3銘柄をご紹介いたします。

続きは

楽天、フリマアプリの「ラクマ」「フリル」を統合し人と品が充実する新「ラクマ」誕生

アマゾン、プライム会員費「値上げ」でコンテンツ投資も拡大か

アマゾンは1月19日、米国の「アマゾンプライム」の月額料金を10.99ドルから12.99ドルへ2ドル値上げすると発表した。これは、20%近い値上げだ。学生向け割引プランについても、月5.49ドルから6.49ドルへ約18%値上げする。新料金は、新規会員に対してはただちに適用されるが、既存のプライム会員と学生会員には2月18日以降に適用される。プライム会員の特典には、1億点以上の商品が対象の無料の2日以内の配送サービス、音楽が聴き放題の「プライムミュージック」、映画やテレビ番組が見放題の「プライムビデオ」、写真のクラウドストレージなどが含まれる。

続きは

ユーチューブ、不適切動画の排除を強化 人力での監視も導入

預金ゼロからスタート可能! 初心者でも手軽にできる「3000円投資生活」って?


「しっかり倹約しているつもりなのに、貯金が増えない」
「貯金だけで、豊かな老後を送ることができるだろうか」
「住宅ローンを払い続けることができるだろうか」

これらは、今まで1万人以上の家計に関する相談に乗ってきた家計再生コンサルタント・横山光昭氏のもとに寄せられたお金の悩みの一部。

「お金の悩みは特別なものではなく、誰にでもあります」と断言する横山氏。確かに、子どもの教育費やマイホーム資金、そして老後資金など、お金にまつわる悩みはいつになっても尽きません。

加えて、人生、何が起こるかわかりません。急に家や車などの修理が必要になることもあれば、家族が病気になることも。仕事を失うことだってあります。

そんなとき役に立つのは、すぐに動かせるお金。そう、貯金です。

まもなく導入1年、「プレミアムフライデー」実施企業は7%未満 消費増えず、働き方改革も完敗!

2017年2月に経済産業省や日本経済団体連合会(経団連)の主導により、鳴り物入りで始まった「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜には15時退社を促し、個人消費を増やすことがキャンペーンの狙いだった。
ところが、開始後丸1年も待たずに「失敗」したことが、オンライン総合旅行サービスDeNAトラベルが2018年1月9日に発表した調査結果でわかった。導入している企業は1割で、その中には中止した企業や、金曜以外の曜日に振り替えた企業もあるという。

1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?

Apple Watch不要! iPhone「ヘルスケア」アプリで健康管理


歩数・歩行距離・走行距離を測る



続きは


メモはデジタル派!そんな人にオススメの電子メモパッドが登場


「Xmasマーケット業界」が本場で成長中のワケ

羽田空港で7台のロボットが共演、警備・物流・翻訳で実証

 羽田空港国内線ターミナルを運営する日本空港ビルデングは12日から館内警備や物流、翻訳案内に使うロボットの第2期実証実験を始めた。綜合警備保障(2331)の「Reborg-X(リボーグ エックス)」など、7台のロボットが参加する。

 空ビルではロボットの技術検証を目的に「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」を設け、2016年に第1期事業者として17社を選定。清掃ロボットが4社、移動支援ロボットが5社、案内ロボットが8社で、現在も実験を繰り返している。

コメ3年連続値上がり…パックご飯・牛丼に波及

中国の海外不動産投資、第3四半期は前年比51%減=民間リポート

続きは

このままでは自動車産業が崩壊!


0 件のコメント:

コメントを投稿