2018年2月17日土曜日

これが注目だ!

出逢い ~吾輩の読書との出逢い~: 心理分析官



注目は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・コレだ!








































































ホンダ、670億円で和解=欠陥エアバッグ集団訴訟-米

続きは


日本のビッグマックはタイより安い

日本のビッグマックはタイより安い


今や日本のビッグマックの価格はタイや韓国、パキスタンよりも安い。なぜこんなことになっているのか(撮影:今井康一)
2月13日に日本マクドナルドホールディングスの2017年12月期の通期決算が発表されました。売上高は2536億円と前期比11.9%増、本業の儲けを示す営業利益は189億円となんと同2.7倍。当期純利益は過去最高の240億円となりました。また2018年は店舗数も実に10年ぶりに純増となる計画で、サラ・カサノバ社長の下で2015年から始まった「リカバリープラン」の成果が現れた決算となりました。


リーマン級の金融危機は近づいているのか



リーマンショックでは夢のマイホームの抵当流れが続出した(写真:ロイター/アフロ)
2月に入って米国発で株価が急落し、市場に不安心理が広がった。今年は2008年9月のリーマンショックから10年。過去に大きな金融危機がほぼ10年サイクルで起きていること、FRB(米国連邦準備制度理事会)の金融政策が長い緩和モードから抜け出し、中立、さらには引き締めに向かう転換期に来ていることから、投資家の中には2018年を警戒する心理もあった。

3月株主優待で個人投資家注目の5万円株はコレ!

3月の株主優待権利確定銘柄

3月権利確定の株主優待銘柄は、1年で最も多い787銘柄です。その787銘柄から、5万円以下の投資金額で株主優待が貰える銘柄は32銘柄です。その32銘柄から、個人投資家の注目度の高い順に3銘柄をご紹介いたします。

続きは

楽天、フリマアプリの「ラクマ」「フリル」を統合し人と品が充実する新「ラクマ」誕生

アマゾン、プライム会員費「値上げ」でコンテンツ投資も拡大か

アマゾンは1月19日、米国の「アマゾンプライム」の月額料金を10.99ドルから12.99ドルへ2ドル値上げすると発表した。これは、20%近い値上げだ。学生向け割引プランについても、月5.49ドルから6.49ドルへ約18%値上げする。新料金は、新規会員に対してはただちに適用されるが、既存のプライム会員と学生会員には2月18日以降に適用される。プライム会員の特典には、1億点以上の商品が対象の無料の2日以内の配送サービス、音楽が聴き放題の「プライムミュージック」、映画やテレビ番組が見放題の「プライムビデオ」、写真のクラウドストレージなどが含まれる。

続きは

ユーチューブ、不適切動画の排除を強化 人力での監視も導入

預金ゼロからスタート可能! 初心者でも手軽にできる「3000円投資生活」って?


「しっかり倹約しているつもりなのに、貯金が増えない」
「貯金だけで、豊かな老後を送ることができるだろうか」
「住宅ローンを払い続けることができるだろうか」

これらは、今まで1万人以上の家計に関する相談に乗ってきた家計再生コンサルタント・横山光昭氏のもとに寄せられたお金の悩みの一部。

「お金の悩みは特別なものではなく、誰にでもあります」と断言する横山氏。確かに、子どもの教育費やマイホーム資金、そして老後資金など、お金にまつわる悩みはいつになっても尽きません。

加えて、人生、何が起こるかわかりません。急に家や車などの修理が必要になることもあれば、家族が病気になることも。仕事を失うことだってあります。

そんなとき役に立つのは、すぐに動かせるお金。そう、貯金です。

まもなく導入1年、「プレミアムフライデー」実施企業は7%未満 消費増えず、働き方改革も完敗!

2017年2月に経済産業省や日本経済団体連合会(経団連)の主導により、鳴り物入りで始まった「プレミアムフライデー」。毎月末の金曜には15時退社を促し、個人消費を増やすことがキャンペーンの狙いだった。
ところが、開始後丸1年も待たずに「失敗」したことが、オンライン総合旅行サービスDeNAトラベルが2018年1月9日に発表した調査結果でわかった。導入している企業は1割で、その中には中止した企業や、金曜以外の曜日に振り替えた企業もあるという。

1万円札がなくなる!? 「7年後をメドに廃止」は本当なのか?

Apple Watch不要! iPhone「ヘルスケア」アプリで健康管理


歩数・歩行距離・走行距離を測る



続きは


メモはデジタル派!そんな人にオススメの電子メモパッドが登場


「Xmasマーケット業界」が本場で成長中のワケ

羽田空港で7台のロボットが共演、警備・物流・翻訳で実証

 羽田空港国内線ターミナルを運営する日本空港ビルデングは12日から館内警備や物流、翻訳案内に使うロボットの第2期実証実験を始めた。綜合警備保障(2331)の「Reborg-X(リボーグ エックス)」など、7台のロボットが参加する。

 空ビルではロボットの技術検証を目的に「Haneda Robotics Lab(ハネダ ロボティクス ラボ)」を設け、2016年に第1期事業者として17社を選定。清掃ロボットが4社、移動支援ロボットが5社、案内ロボットが8社で、現在も実験を繰り返している。

コメ3年連続値上がり…パックご飯・牛丼に波及

中国の海外不動産投資、第3四半期は前年比51%減=民間リポート

続きは

このままでは自動車産業が崩壊!